awsって安くできるんですね。

AWSにはリザーブドインスタンスというものがあり、料金の一部(または全額)を前払いすることで、利用額に割引を適用できます。
AWSの料金は、サーバー自体を何時間立ち上げているかの料金(一時間あたりの料金)と、どのぐらいアクセスがあったかの従量課金が
組み合わされて請求されます。

webサイトなど、基本的に立ち上げっぱなしのサービスを提供するためにサーバーを借りている場合は、月間の時間数はほとんど一緒なので(720時間)
固定費と見て良いかと思います。

それとは別にデータ転送量に対して従量課金が発生するのですが、うちの場合は、サーバーレンタルよ量の固定費がほとんどなので、
こちらは無視できる範疇になっています。

で、サーバーレンタル料に対して、リザーブドインスタンスというものがあり、サーバー一つ一つに対して、購入してゆく形になります。

弊社の場合、全てのサーバーのリザーブドインスタンスを購入すると、割引率が50%を超えるので、ぜひ、進めたいと検討しています。