USENのスピードテストで速度計測できない場合の対処法!

速度チェックができない!?

普段インターネットを使用している際に、速度を計測したいという場面があるかと思います。

あの有線放送でおなじみのUSENが提供する通信速度の計測サイトがあるのですが、たまに計測ができないトラブルが発生してしまうことがあるんです。

そんなときの対処法をまとめました!ぜひ活用してみてください。

計測できない場合の対処法

その1. Flash Playerのインストール有無を確認

『測定スタート』ボタンを押下したあとの画面ですが、「速度測定にはFlashプレーヤーが必要です。」と表示されることがあります。

その2. Flashを『許可』にする

この場合、通常であればFlash Playerがインストールされていない状態と考えられますが、インストール済みでも表示されることがあります。

その際に確認してほしいのが以下の部分です。

  1. URLバーに表示されている南京錠アイコンをクリック
  2. Flashの設定が『ブロック』あるいは『許可』のどちらになっているのか

ブロックになっていると、インストール済みでもしていない状態と同じとみなされてしまいますので、まずは『許可』に変更をしましょう。

その後ページの再読み込みをすることで設定が反映されます。

その3.  安全でないスクリプトを読み込む

Flash Playerを許可にしたにもかかわらず測定するための表示がされないこともあります。

そんなときには、URLバー右端にある盾アイコンを押下し、『安全でないスクリプトを読み込む』を選択しましょう。

あとは測定するだけ!

ここまでしたらしっかりと測定するための表示がされたかと思います。

あとは測定するだけで、現在使用している回線の速度を測る事ができるようになります!

急に速度測定ができなくなってお困りだった方は、こちらを参考にしてみてもらえると嬉しいです。