チームビルディング日記 -google apps script と ソリューションアーキテクトと SQLと-

100DaysOfCode 64日目
今日は勉強盛り沢山でした。

まずはgoogle apps scriptの勉強。

こちらはドットインストールで行いました。
こちらは情報システムチームで行いました。
Google Apps Script入門 全20回のうちの#05まで完了しました。
一年間、チームでコツコツとJavascriptの勉強をし続けてきたおかげで、taguchiさん(dotinstall)の怒涛の責めにもなんとか食らいつくことができました。この調子でGoogle Apps Scriptの勉強を続け、社内の事務仕事を効率化できるようになりたいです。

次は、SQLの勉強。

こちらも情報システムチームで行いました。
ドリル的な勉強はひと段落ついていて、概念の勉強が中心となりました。
具体的には、BEGINで始めて COMMITで一括り(トランザクション)にする方法だったり。

この本は本当に秀逸で、この本一冊でもうそろそろ半年ぐらい勉強していますが、ドリルもあって実際手を動かして理解できるし、概念に関しても丁寧ねにまとめてあったりするのでSQLの勉強を始める方には絶対にオススメします。

次は、AWS認定ソリューション アーキテクト[アソシエイト]の勉強。

こちらはエンジニアチームとの初の勉強会になりました。
教材はこの本を使ったのですが

まだ一章までしか勉強していませんがなかなか良さそうです。

勉強方法として、それぞれがバラバラに勉強した内容を発表し合う方法も検討したのですが、全員で、一つの本を一ページずつ音読する方法を選びました。
個人で本を読むと集中力が続かないことが多いし、気になったところはその都度、チームで内容を確認できるのでおすすめです。

今日の勉強のまとめ

初めてエンジニアの方と一緒に勉強したので、うまくゆくか心配でしたが、良い雰囲気だったのでホットしました。
また、こんなに沢山勉強できる日はなかなかないので今日は大満足でした。

USENのスピードテストで速度計測できない場合の対処法!

速度チェックができない!?

普段インターネットを使用している際に、速度を計測したいという場面があるかと思います。

あの有線放送でおなじみのUSENが提供する通信速度の計測サイトがあるのですが、たまに計測ができないトラブルが発生してしまうことがあるんです。

そんなときの対処法をまとめました!ぜひ活用してみてください。

計測できない場合の対処法

その1. Flash Playerのインストール有無を確認

『測定スタート』ボタンを押下したあとの画面ですが、「速度測定にはFlashプレーヤーが必要です。」と表示されることがあります。

その2. Flashを『許可』にする

この場合、通常であればFlash Playerがインストールされていない状態と考えられますが、インストール済みでも表示されることがあります。

その際に確認してほしいのが以下の部分です。

  1. URLバーに表示されている南京錠アイコンをクリック
  2. Flashの設定が『ブロック』あるいは『許可』のどちらになっているのか

ブロックになっていると、インストール済みでもしていない状態と同じとみなされてしまいますので、まずは『許可』に変更をしましょう。

その後ページの再読み込みをすることで設定が反映されます。

その3.  安全でないスクリプトを読み込む

Flash Playerを許可にしたにもかかわらず測定するための表示がされないこともあります。

そんなときには、URLバー右端にある盾アイコンを押下し、『安全でないスクリプトを読み込む』を選択しましょう。

あとは測定するだけ!

ここまでしたらしっかりと測定するための表示がされたかと思います。

あとは測定するだけで、現在使用している回線の速度を測る事ができるようになります!

急に速度測定ができなくなってお困りだった方は、こちらを参考にしてみてもらえると嬉しいです。

チームビルディング日記 -誰がなんの勉強をするか-

私がみている組織は大きく分けて二つあり、情報システム部門とシステム開発部門だ。
毎日、両方の組織のメンバーに勉強してもらいたいと考えているのだが、どんな風に割り振りをすれば良いか結構悩んでいた。
考えた結果、どんなアウトプットを期待しているかで、勉強の内容を分けることができたので記載します。

情報システム部門のメンバーには、HTML/CSS/JavaScript/SQLなどを学んでもらい、biツールをSQLを使って自在にコントロールできるようになってもらったり、G-suite内で GoogleAppScriptなどを駆使して、各事業部の事務仕事の業務改善してもらったりしてもらえれば嬉しいので、そっちの勉強に集中してもらうようにした。

そしてシステム開発メンバーには、AWS認定ソリューションアーキテクト[アソシエイト]の勉強と現在、業務で使用しているフレームワークを学んでもらうことにした。

AWS認定ソリューションアーキテクト[アソシエイト]の勉強のために購入した本はこちら

勉強する時間が多くて実務をこなす時間が少なくなりがちだが、誰に媚びたところでその人は僕を幸せにしてくれるわけではないので、チームメンバーと一緒に粛々と実力を付けにゆきたいと思っている。

チームビルディング日記 -aws ソリューションアーキテクトアソシエイト-

新しくシステム開発会社を立ち上げることになり、2020年から2名のエンジニアが入社した。
一人は経験者で、もう一人はプログラミングスクール出の未経験者です。
これから社内のシステムがどうやって動いているかなどを教えてゆきます。

ちなみに、みんなでAWSの勉強をしようということになりました。
AWSにはいくつか資格試験があるようで、その中で「AWS 認定ソリューションアーキテクト – アソシエイト」を取得しようということになった。

これから毎日みんなでこの資格取得のための勉強を進めてゆきます。
難易度はまだわからないのですが、3ヶ月で資格が取得できるように目標を設定しました。

初めてのエンジニアの採用なのでこっちもドギマギしていますが、二人がこの会社に入って良かったと言ってもらえるように頑張ってゆきたいです。

Windows&Macでスクリーンショットを撮る方法

いつでも簡単にスクリーンショットを撮る方法

プライベートや仕事でパソコンを使用する際に、画面上に表示されているもの画像として保存したいことってよくありますよね。
さらにそれをメールなどに添付して送らなければならないケースもあるかと思います。
そこで今回はWindowsとMacそれぞれでスクリーンショットを撮る方法についてご紹介いたします。
どちらも標準機能として搭載されていますのでとっても簡単ですよ!

Windows7&10の場合

Windowsの場合ですが、7ではダイレクトにスクリーンショットを撮ることができませんので、ひと手間加えることで可能となります。
10の場合にはダイレクトで撮ることが可能です。

Windows7の手順

  1. キャプチャしたい画面で、キーボードの『PrintScreen(またはPrt Sc)』ボタンを押下
  2. アプリケーション『ペイント』を起動する
  3. Ctrl+Vで貼り付ける
  4. 必要に応じてトリミングを行い、最後に保存

Windows10の手順

範囲を指定してキャプチャする
  1. キャプチャしたい画面で、キーボードのWindows+Shift+Sを押下
  2. 範囲を指定できる表示に切り替わりますので、対象範囲を指定
  3. 指定した瞬間にクリップボードにキャプチャされますので、ペイントなどに貼り付けて(Ctrl+V)保存
全画面をキャプチャする
  1. キャプチャしたい画面で、キーボードのShift+Printを押下
  2. 指定した瞬間にクリップボードにキャプチャされますので、ペイントなどに貼り付けて(Ctrl+V)保存

MacOSの場合

範囲を指定してキャプチャする
  1. キャプチャしたい画面で、キーボードのShift+command+4を押下
  2. 範囲を指定できる表示に切り替わりますので、対象範囲を指定
  3. 指定した瞬間にデスクトップにキャプチャ画像が保存されます
全画面をキャプチャする
  1. キャプチャしたい画面で、キーボードのShift+command+3を押下
  2. その瞬間にデスクトップにキャプチャ画像が保存されます

エクセル&スプレッドシート プルダウンで選択出来るようにする方法

プルダウンで選択できるようにしたい!

エクセルやスプレッドシートで、管理表などとして利用する際に、入力項目を選択肢から選ぶだけで入力できるようにしたいと思ったことありませんか?在庫管理など、項目名が長いと特にいちいち手入力するのは面倒ですよね。プルダウンで選択出来るようにする方法ですが、とっても簡単ですのでご紹介いたします。

スプレッドシートでの設定方法

スプレッドシートでの設定方法ですが、『データの入力規則』という機能を使っておこないます。

手順
  1. スプレッドシートを開きます
  2. プルダウンで選択できるようにしたいセルを全て選択します
    対象セル選択
  3. 右クリック>データの入力規則を選択
    データの入力規則選択
  4. 条件で『リストを直接指定』を選択
    リストを直接指定選択
  5. 右のテキストボックスに選択肢をカンマ区切りで入力
    カンマ区切りで入力
  6. 各種設定を選択したら保存
    完了

『セルにプルダウンリストを表示』にチェックを付けると、プルダウンで選べることがわかりやすいです。
『無効なデータの場合』ですが、選択肢以外の文字を入力しようとした際に、『警告を表示』だと警告文言が出ますが入力ができ、『入力を拒否』だと入力ができないようになります。

エクセルでの設定方法

  1. エクセルを開きます
  2. プルダウンで選択できるようにしたいセルを全て選択します
  3. メニューの『データ』>入力規則を選択
    入力規則
  4. 許可で『リスト』を選択
    リスト
  5. 下のテキストボックスに選択肢をカンマ区切りで入力
    カンマ区切りで
  6. 各種設定を選択したら保存
    完了

以上となります。

エクセル 圧縮ファイルにパスワードを設定する方法

圧縮ファイルにパスワードをかける方法

Windows7や10、iMacやMacbookなどを使用している中で、『圧縮したファイルに対してパスワードを掛けたい』というシーンは結構あるのではないでしょうか?
特にビジネスシーンにおいては、そのままメールに添付して送付などはもってのほかですからね。セキュリティを高めるために、パスワード設定は必須と言えるでしょう。
そこで今回はWindowsとMacOSそれぞれで、圧縮ファイルにパスワードをかける方法をご紹介いたします。

Windows7・10の場合

Windowsの場合には、デフォルトでは圧縮ファイルに対してパスワード設定の機能は搭載されていません。そのためフリーソフトなど圧縮ファイルに対してパスワード設定が可能なアプリケーションをインストールする必要があります。
おすすめは「Lhaplus(らぷらす)」です。
フリーソフトなので無料でインストール&使用できるということと、非常に多くのユーザーが何年も前から定番ソフトとして使用しているという点がポイントです。
こちらからダウンロードが可能です!
ダウンロードとインストールが完了したら、実際に圧縮ファイルにパスワードを設定する手順となります。

パスワード設定手順(Windows7・10)
  1. 圧縮したいファイルを右クリック
  2. メニューから『圧縮』>『.zip(pass)』を選択
  3. 「○○○(ファイル名)に設定するパスワードを入力してください」と表示されたら、設定したいパスワードを入力
  4. パスワード設定済みで圧縮されたファイルがデスクトップに保存される

※もしも手順2で『.zip(pass)』が表示されない場合には、Lhaplusの設定にある『圧縮のサブメニュー項目』で『.zip(pass)』にチェックが付いていない可能性がありますので、設定を確認しましょう。

MacOSの場合

MacOSの場合には、デフォルト機能として圧縮ファイルへのパスワード設定が可能です。ターミナルというアプリケーションを使用するだけなので非常に簡単で便利となります。

パスワード設定手順(MacOS)圧縮とパスワード設定を同時にする場合
  1. ターミナルを起動する
  2. ターミナル内で『zip -er 作成先ファイルパス.zip 作成元フォルダパス』と入力し、Enter
    例)作成先ファイルパス→/Users/a/Desktop/test.zip 作成元ファイルパス→/Users/a/Desktop/test.xlsxの場合
    『zip -er /Users/a/Desktop/test.zip /Users/a/Desktop/test.xlsx』
    パスワード設定その1
  3. パスワードの入力を求められるので、設定したいパスワードを入力しEnter
    パスワード設定その2
  4. 再度パスワードの入力を求められるので、設定したいパスワードを入力しEnter
  5. 圧縮ファイルへのパスワード設定が正常にされているか確認する
    パスワード設定その3
パスワード設定手順(MacOS)圧縮済みファイルにパスワード設定をする場合
  1. 事前に対象ファイルを圧縮しておく
  2. ターミナルを起動する
  3. ターミナル内で『zipcloak』と入力し、スペースを入れたあと、対象ファイルをターミナルにドラッグ&ドロップする
  4. パスワードの入力を求められるので、設定したいパスワードを入力しEnter
  5. 再度パスワードの入力を求められるので、設定したいパスワードを入力しEnter
  6. 圧縮ファイルへのパスワード設定が正常にされているか確認する

『zipcloak』と入力した際に、スペースを入れないままファイルをターミナルにドラッグ&ドロップしたことでエラーになることがよくありますので、注意しましょう。
また、『zipcloak warning: Local Entry CRC does not match』というエラー表示が出る場合があります。これはターミナル経由ではない方法で圧縮した場合に出るエラーですので、ターミナル経由での圧縮にすることで回避可能です。

行と列が混乱した時、一度覚えたら絶対に忘れない方法

社会人になって会議などに参加していると、時々、堂々と「行(ぎょう)」と「列(れつ)」を間違って言っている人を見かけます。
まぁ、その場で伝われば細かいことはどうでも良いのかもしれませんが、確り覚えている人からすると「間違ってるし。。。」と言った風に思われてしまうかもしれません。
私も行と列を間違えて発言してしまっている人を見かけると、ついつい「絶対忘れない行と列の覚え方、教えてあげようか?」と声をかけてしまいます。
覚え方は簡単で、
サムネイル画像にもあるように漢字の行と列に付いている二重線が縦横どちらに向いているかを見れば一目瞭然です。
行は二重線が「二」となっているので横に向かうときに使う。
列は二重線が「リ」となっているので縦方向に向かう時に使う。
です。
これさえ覚えておけばテンパった時にも大丈夫です。

ちなみに私も社会人になって10年以上行と列を混同していましたが、これを知ってから二度と忘れなくなりました。

インストールしたvscodeが開ない時の対処法

vscodeをmacにインストールした時に何故がvscodeが開なくてイライラする時があります。そんな時の対処法を記載します。

エラー画面を確認する


“visual Stadio Code”が悪質なソフトウェアかどうかをAppleでは確認できないため、このソフトウェアは開ません。というポップアップメッセージを確認したら、「Finderに表示」を選択する。

アプリケーションへvscodeを移動する


finderにvscodeが表示されたら、vscodeのアイコンがついたソフトウェアだけをドラックしてアプリケーションに移動します。(この時に管理者のIDとPASSを聞かれますので入力してください。)

アプリケーションの画面でvscodeを右クリックする


アプリケーションに移動したらvscodeのアイコンがあるので、そのアイコンをクリックして開くのではなく、右クリックでメニューを表示し、そこの「開く」からvscodeを開ます。

ポップアップの開くからvscodeを開く


一番最初と似たポップアップの警告画面が出ますが、今度は「開く」がついているのでここからvscodeを開ます。これで無事にvscodeを開くことができました。

macで日本語入力できない時の対処法

macで新しいユーザーを作った時など、「英数」と「かな」ボタンを押しても日本語入力に切り替わらないことがあります。
その時の対処法を記載します。

システム環境設定を開く


システム環境設定を開いたら「キーボード」を選択します。

入力ソースタブを選択


「入力ソース」タブを選択したら左下の「+」ボタンを選択します。この時、管理者のIDとPASSの入力を求められる場合があります。

日本語の入力ソースを選択し追加する


左のカラムから日本語を検索し、「追加」ボタンで日本語の入力ソースを追加します。

入力ソースに「日本語」が追加されていることを確認


日本語のキーボードが表示されているのを確認したら完了です。これで、「英数」と「かな」ボタンで半角英数と日本語を切り替えることができるようになります。