Gmailで届いたメールに自動で返信する方法

New, Year

夏休みやお正月などの長期休暇に入る時、メールに対する返信がしばらくできない時があります。
そんな時は、使用しているメーラーの自動返信機能を使って、対応しましょう。
この機能は外国人の方の方が使用している率が高いように感じます。きっと外国では、長期休暇が普通なのでこの機能が浸透しているのかもしれないですね。

まずは設定方法

まずは、不在通知の機能がどこにあるのかを説明します。もし、インボックス(Inbox)を使用している場合、左メニューのGmailからGmailに戻ってから作業してください。

  1. Gmailの受信トレイを開く。
  2. 右上の「歯車マーク」を押下。
  3. 「設定」を押してGmailの設定画面に入る。
  4. 「全般タブ」の一番下の方にある「不在通知」機能を設定する。

設定方法

gmail自動返信

  1. まずは、不在通知機能をオンにして、開始日と終了日を決めます。日付をクリックするとカレンダーが出てきてカレンダーから年月日を指定できるので安心です。(年月日を決められるので、設定しっぱなしでも翌年に影響が出ませんので安心設計ですね。
  2. 次に、件名を決めます。夏休みなら「夏季休暇のお知らせ」お正月なら「冬季休暇のお知らせ」などが無難かもしれません。
  3. メッセージを記載します。これが一番大変かもしれないですが、自分のメーラーの中で「長期休暇」とか「夏季休暇」とか調べれば、参考になる文面の一つも見つかるかもしれないですね。
  4. 「連絡先のメンバーにのみ返信する」「契約したドメインの人にだけ返信する」が選べますが、何も選ばなければ、全部のメールに返信しますので、私は何もチェックを入れません。

これで、自動返信は完了です。注意が必要なのが、「時間指定はできない。」点です。日付が変わった時点で動き出しますのでそこはきっちりご確認ください。

投稿者: たーん

初めまして、たーんです。 ウェブサイトを御覧いただき有難うございます。 お仕事では多店舗運営の情報システム周りをやっています。 詳しいプロフィールはこちらを御覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です