USENのスピードテストで速度計測できない場合の対処法!

速度チェックができない!?

普段インターネットを使用している際に、速度を計測したいという場面があるかと思います。

あの有線放送でおなじみのUSENが提供する通信速度の計測サイトがあるのですが、たまに計測ができないトラブルが発生してしまうことがあるんです。

そんなときの対処法をまとめました!ぜひ活用してみてください。

計測できない場合の対処法

その1. Flash Playerのインストール有無を確認

『測定スタート』ボタンを押下したあとの画面ですが、「速度測定にはFlashプレーヤーが必要です。」と表示されることがあります。

その2. Flashを『許可』にする

この場合、通常であればFlash Playerがインストールされていない状態と考えられますが、インストール済みでも表示されることがあります。

その際に確認してほしいのが以下の部分です。

  1. URLバーに表示されている南京錠アイコンをクリック
  2. Flashの設定が『ブロック』あるいは『許可』のどちらになっているのか

ブロックになっていると、インストール済みでもしていない状態と同じとみなされてしまいますので、まずは『許可』に変更をしましょう。

その後ページの再読み込みをすることで設定が反映されます。

その3.  安全でないスクリプトを読み込む

Flash Playerを許可にしたにもかかわらず測定するための表示がされないこともあります。

そんなときには、URLバー右端にある盾アイコンを押下し、『安全でないスクリプトを読み込む』を選択しましょう。

あとは測定するだけ!

ここまでしたらしっかりと測定するための表示がされたかと思います。

あとは測定するだけで、現在使用している回線の速度を測る事ができるようになります!

急に速度測定ができなくなってお困りだった方は、こちらを参考にしてみてもらえると嬉しいです。

古いPCから新しいPCへデータ移行を行う方法

古いPCから新しいPCへデータ移行する方法は、いくつか存在します。

その中で、今回はLANケーブルを用いてデータ移行する方法についてご紹介します。

 

まずは、LANケーブルを1本準備しておきます。

 

1.古いPCにて移動させるデータを一つのファイルにまとめてデスクトップに保存します。

 まとめておくことでデータ移行をしやすくする為です。

 

2.コンピュータ名の設定を行います。

 既に古いPCと新しいPCのコンピュータ名が別々の名前であれば、問題ありません。

 同一の場合は、例えば古いPC「PC1」、新しいPC「PC2」といったように区別できるようにします。

 ※変更する場合は、古いPCの方を変更するようにします。

 

3.ワークグループ名の設定を行います。

 ワークグループ名を同一に設定します。

 ※変更する場合は、古いPCを変更するようにします。

 

4.IPアドレスの設定を行います。

 【古いPC】

 IPアドレス「192.168.0.1」

 サブネットマスク「255.255.255.0」

 【新しいPC】

 IPアドレス「192.168.0.2」

 サブネットマスク「255.255.255.0」

 ※デフォルトゲートウェイやDNSサーバのアドレスは未入力でOKです。

 

5.LANケーブルで古いPCと新しいPCを直接繋ぎます。

 

6.新しいPCのデスクトップに共有フォルダを作成します。

 フォルダの名前は任意で構いません。

 今回は、windows7での共有設定の方法についてご説明します。

 フォルダを作成しましたら、フォルダを 右クリックして「プロパティ」→「共有タブ」を開きます。

 プロパティ画面にて、「詳細な共有」をクリックします。

データ移行画像4

 「このフォルダーを共有する」にチェックを入れて、「アクセス許可」をクリックします。

データ移行画像5

 アクセス許可画面にて、「Everyone」と表示されていることを確認し、

 フルコントロールを「許可」にチェックを入れます。

データ移行画像6 

7.古いPCから共有データを開きます。

 エクスプローラーを開いてネットワークを選択すると、新しいPCが現れます。

 新しいPCにアクセスすると、共有フォルダが見えます。 

 

 ※うまくいかない場合には、以下の方法を試してみます。

 ・「ネットワーク探索」「ファイルとプリンタの共有」が無効な可能性があるので、有効化する

データ移行画像3

 ・ファイアウォール機能により弾かれる可能性があるので、無効化する 

  データ移行画像1

8.データ移行を行います。

 あとは共有フォルダに必要なデータをコピーして移行していきます。

 

 

以上で完了となります。

 

※注意

データ移行が終わったら、IPアドレスの設定を元に戻すことを忘れないようにしましょう。

ping-tのコマンド

今回は、ping -tのコマンドについてご紹介致します。

これは、正しくネットワークに繋がっているかどうかの確認を

中断するまでずっと実行し続けるコマンドになります。

回線の状態を観察しながら作業を行う時などに便利です。

 

1.まず、コマンドプロンプトを起動します。

コマンド画像1

2.「ping【IPアドレス】 -t」を入力します。

3.ずっと実行し続けます。

コマンド画像2

4.中断する場合は、「Ctrl+C」

 

以上になります。