USENのスピードテストで速度計測できない場合の対処法!

速度チェックができない!?

普段インターネットを使用している際に、速度を計測したいという場面があるかと思います。

あの有線放送でおなじみのUSENが提供する通信速度の計測サイトがあるのですが、たまに計測ができないトラブルが発生してしまうことがあるんです。

そんなときの対処法をまとめました!ぜひ活用してみてください。

計測できない場合の対処法

その1. Flash Playerのインストール有無を確認

『測定スタート』ボタンを押下したあとの画面ですが、「速度測定にはFlashプレーヤーが必要です。」と表示されることがあります。

その2. Flashを『許可』にする

この場合、通常であればFlash Playerがインストールされていない状態と考えられますが、インストール済みでも表示されることがあります。

その際に確認してほしいのが以下の部分です。

  1. URLバーに表示されている南京錠アイコンをクリック
  2. Flashの設定が『ブロック』あるいは『許可』のどちらになっているのか

ブロックになっていると、インストール済みでもしていない状態と同じとみなされてしまいますので、まずは『許可』に変更をしましょう。

その後ページの再読み込みをすることで設定が反映されます。

その3.  安全でないスクリプトを読み込む

Flash Playerを許可にしたにもかかわらず測定するための表示がされないこともあります。

そんなときには、URLバー右端にある盾アイコンを押下し、『安全でないスクリプトを読み込む』を選択しましょう。

あとは測定するだけ!

ここまでしたらしっかりと測定するための表示がされたかと思います。

あとは測定するだけで、現在使用している回線の速度を測る事ができるようになります!

急に速度測定ができなくなってお困りだった方は、こちらを参考にしてみてもらえると嬉しいです。

ネットワークのリモート電源制御が可能な「リブーター」を使ってみた。

ルーターや終端装置、アクセスポイント(AP)などに不具合が起きた時は、再起動をかけると復旧することが多いですよね。
自分で管理しているルーターやアクセスポイントは、管理画面にログインし、再起動をかけることができるが、管理画面にすらログインできない状態になっていたり、レンタル品で、管理画面に入ることができない製品だったりした場合、
電源ケーブルを一旦抜いて、もう一度挿し直すといった作業が必要になる場面があるかと思います。
全国に拠点が沢山ある会社などは、電源ケーブルの抜き差しを電話で指示しなければならない場合があり、意思疎通が取れずイライラしてしまうことも多いと思います。

そんな時に役立つのが「リブーター」。

この製品は、ルーターやアクセスポイントの電源をリブーターを経由させることで、強制的に機器の再起動を行うことを可能にしています。
要は、差し込んだコンセントの口毎に、電源の供給をオンにしたりオフにしたりできるのです。

ですので、もし、とある拠点から「ネットが繋がりません。」などといった通報があった場合、「とりあえず再起動させとくか」といった具合に、リブーターを使うことで、ルーターやハブ、終端装置やアクセスポイントの再起動を一気にかけることができるのです。

名京電気株式会社の動画が分かりやすいので、こちらに貼っておきます。

操作方法は、リブーター自体がIPを持っており、ブラウザーにIPアドレスを入力することで、アクセスできます。IDとパスワードを入力したら、各電源毎に名前を付けることができるので、対象のコンセントに対して再起動をかければOK。ただし、この機器はルーターの配下に設置する必要があるので、ルーターの電源を再起動ではなくオフにしてしまうと、現地の人に頼んで、リブーターを操作してもらう必要が出てきてしまいますのでご注意を。

IPアドレスの自動取得設定方法(MacOSXの場合)

今回は、IPアドレスを自動取得に設定する方法についてご紹介します。

 

1.画面左上に出ているアップルマークをクリックし、「システム環境設定」を開きます。

自動取得設定画像1

 

2.「システム環境設定」が出ましたら、「インターネットとワイヤレス」の「ネットワーク」を開きます。

自動取得設定画像2

3.IPv4の構成にて「DHCPサーバを使用」を選択します。

4.設定内容を変更しましたら、「適用」をクリックします。

自動取得設定画像4

 

以上で、設定完了となります。

※なお、自動取得に設定するとパソコン上からIPアドレスなどの設定が消えてしまいますので、

 事前にキャプチャ等取っておくようにすると安心です。