Photoshopで視差効果(パララックス)のある画像を作ってみた。

Photoshopでブログ記事のサムネイル画像を自由に作れるようになりたく、独習を始めたので自分用にメモを残しておきます。

ビルと星空の画像を使って視差効果(パララックス)のあるGIF画像を作りました。

GIF画像を作るのは、今回が初体験なので、ワクワクして作業に入りました。ビルがズームアウトしながら星空が流れてゆく画像を作りたいと思います。

素材1

素材2

  1. 「素材1」(ビル)の写真の空の部分をクイック選択ツールで選択する。
  2. 選択した部分をdeleteで削除する。
  3. 上のメニューの「選択範囲」から「選択を解除」を選んで選択を解除しておく。

  4. 素材の写真を二つとも「スマートオブジェクト」に変換しておく。
  5. ビルの写真を「command」+「T」で拡大しておく。
  6. 空の写真も「command」+「T」で拡大し、流れる元の方法にずらしておく。
  7. 上のメニュー「ウィンドウ」→「タイムライン」を押下し、タイムラインメニューを開く
  8. 「ビデオタイムラインを作成」を選択する。
  9. ビルの写真のレイヤー▽を押下し、ストップウォッチアイコンを押したら、スライダーを0秒から5秒まで動かす。
  10. ビルの写真を「command」+「T」で縮小させる。
  11. 5秒にいるスライダーを0秒に戻す。
  12. 夜空の写真のレイヤー▽を押下し、ストップウォッチアイコンを押したら、スライダーを0秒から5秒まで動かす。
  13. 夜空の画像を右から左に流す。
  14. ファイル→書き出し→Web用に保存(従来)を選択する。
  15. 「カラー」「劣化」「画面サイズ」を調整し、ファイルサイズを縮小させる。

完成!

画像サイズを大きく保って、カラーや劣化で画質を下げたバージョン


画像を劣化させたところ、思いもしない幻想的なエフェクトがかかったようなGIF画像になりましたが、これは意図したものではなく、仕方なく残像が残る感じになってしまった状態です。演出としてわざと劣化させるテクニックもありそうですね。

画像サイズを小さくして、カラーを256にしたバージョン


WebにアップされてるGIF画像って結構小さいサイズのものが多いなと思っていたのですが、画像サイズの都合上、しょうがなかったんですね。今回、初めてGIF画像を作ってみて理解できました。(もっと賢くGIF画像を圧縮する方法もあると思うのですが。。。)小さい画像なら滑らかに書き出すことができました。

画像サイズの調整について

そのままの状態で書き出すと、ファイルサイズが20M程度になり、WordPressのアップロード上限の5Mを大きくオーバーしてしまっていたので、画像サイズを変えたり、劣化させたり、色を少なくしたりしながら、なんとか5M以内にファイルサイズを抑えることが出来ました。

元ネタはこちら

「写真1枚で奥行きがあるアニメーションを作る方法」を参考に作りました。
https://helpx.adobe.com/jp/photoshop/how-to/animation-from-photo-parallax.html
youtubeで動画のマニュアルもありました。

タイムラインの使い方が今ひとつ理解できなかったのですが、動画のマニュアルをみてスッキリしました。
ただ、書き出しの方法などは書かれていないので両方のマニュアルを参考にすることをおすすめします。

Photoshopで猫を笑わせてみた。

Photoshopでブログ記事のサムネイル画像を自由に作れるようになりたく、独習を始めたので自分用にメモを残しておきます。

猫の写真を笑わせてみました。

今回は、猫の写真を人間のように笑わせてみたいと思います。

素材1

  1. 写真を開いたらレイヤーの複製をする。
  2. 投げ縄ツールを選択し、上部のメニューから「選択範囲」→「選択範囲を変更」→「境界をぼかす」を選択。(ぼかしを50%に設定)
  3. 複製されたレイヤーの猫の目の部分を「投げ縄ツール」で選択する。
  4. 上のメニューの「編集」→「パペットワープ」を選択。
  5. 目のラインに合わせてピンを複数打ち、目の形を笑っているように変形させる。
  6. 投げ縄ツールを選択し、上部のメニューから「選択範囲」→「選択範囲を変更」→「境界をぼかす」を選択。(ぼかしを100%に設定)
  7. 口とあご周りを「投げ縄ツール」で選択する。
  8. 上のメニューの「編集」→「パペットワープ」を選択。
  9. 笑っているように見せるため、口角を上げてゆく。

完成!

笑う猫_完成
最初、目がぱっちり開いている猫の写真で加工してみましたが、眼球が変な感じになってしまい、目を上手く笑わせることが出来ませんでした。目を瞑っている猫の写真の場合、割と簡単に加工することが出来ました。まじまじとみられると不自然な部分がたくさんありますが、ブログの挿絵に使う程度ならこれで十分かと思います。

元ネタはこちら

step4-13を参考に作りました。
https://helpx.adobe.com/jp/photoshop/how-to/gbn03-cat-puppet-warp.html?playlist=/jp/ja/ccx/v1/collection/product/photoshop/topics/j-project/collection.ccx.js?ref=helpx.adobe.com

Photoshopでホラーっぽいサムネイル画像を作る方法

Photoshopでブログ記事のサムネイル画像を自由に作れるようになりたく、独習を始めたので自分用にメモを残しておきます。

3つの写真を重ねて作成しました。

写真の素材を3つ使って、ホラーっぽいサムネイル画像を作りたいと思います。

素材1

素材2

素材3

  1. 写真をスマートオブジェクトに変換しておく。
  2. レイヤーマスクを使って素材1を切り抜く。
  3. 恐い感じを強調するために、素材1に対して、フィルター→camera rawフィルター→コントラストを最大にする。
  4. 素材2もレイヤーマスクを使って切り抜くが、境界線が曖昧なため、「クイック選択ツール」ではなく「投げ縄ツール」で切り抜く。
  5. 横書き文字ツールで「COMIC」の文字を入力する。
  6. 全体を青みがからせるため、人物の写真を選択している状態で、「レイヤー」→「新規塗りつぶしレイヤー」→「ベタ塗り」で青色に塗る。背景の写真を表示するためにレイヤーの描画モードを「乗算」にする。
  7. これによって、昼間の写真を夜の街に変化させることが出来ました。

  8. 恐い演出をするためのフォントを「TypeKit」からもらってくる。今回は「かづらき SP2N」と言うフォントを使いました。

完成!


幽霊っぽい人をレイヤーマスクで切り取る作業に苦労しました。
フォントは画像のイメージを変えてしまうので、フォント選びは重要だなと改めて感じました。cleative cloud の場合は「TypeKit」が使えるので、とても便利ですね。しかも、フォントの追加方法もすごく簡単なので感動しました。

元ネタはこちら

step4-13を参考に作りました。
https://helpx.adobe.com/jp/photoshop/how-to/beginners-tutorial-4.html

Photoshopで写真をイラストっぽく加工する手順

Photoshopでブログ記事のサムネイル画像を自由に作れるようになりたく、独習を始めたので自分用にメモを残しておきます。

2つの写真を重ねてイラストっぽい表現にします

写真の素材を2つ使って、イラストっぽいサムネイル画像を作りたいと思います。

素材1

素材2

  1. 写真をスマートオブジェクトに変換しておく。
  2. レイヤーマスクを使って素材1を切り抜く。
  3. フィルター→表現手法→油彩を使って写真をイラストっぽいタッチに変える。
  4. 素材2の背景写真にも油彩のフィルターを使ってイラストっぽいタッチにする。
  5. 横書き文字ツールで「COMIC」の文字を入力する。
  6. 文字のフォントと色を決めておく。
  7. 上メニューの「3D」から「選択したレイヤーから新規3D押し出しを作成」を選択して3Dの加工をする。
  8. 奥行きの長さは右メニューの「押し出しの深さ」で調整する。
  9. 3D操作画面から抜け出したいときは、右メニューの3Dタブから、レイヤータブに移動し、他のレイヤーをクリックすると抜けられる。(抜け出すための決定ボタンはありません。)

完成!


油彩の効果を強くしすぎて、イラストと言うよりは油絵っぽくなってしまいました。まだまだ練習が必要です。ただ、こう行ったサムネイル画像がサイト内に増えてゆくとサイト自体が華やかな雰囲気になって良いものですね。

元ネタはこちら

step4-12を参考に作りました。
https://helpx.adobe.com/jp/photoshop/how-to/beginners-tutorial-4.html

Photoshopで写真合成をする手順

Photoshopでブログ記事のサムネイル画像を自由に作れるようになりたく、独習を始めたので自分用にメモを残しておきます。

3つの写真を重ねて合成する方法

以下、3つの写真を合成して映画風ポスターを作りたいと思います。

素材1

素材2

素材3

2つの写真を合成する


レイヤーを選んだ状態で、レイヤー上部にある合成を選ぶ。今回は「リニアライト」を選びました。
合成の度合いをその隣にある「不透明度」で調整ができます。また、合成される側の写真(素材1)の「不透明度」を調整しても合成の度合いを調整することができます。この作業で二つの写真が溶け合っているように表現することができました。

3つ目の写真を合成する

写真合成3
3つ目の写真も選択範囲→選択とマスクにて切り抜きを行い、編集→自由変形で大きさや位置を調整する。
下に余白を作りたいので、描画色と背景色の白と黒を逆にして、ブラシツールで下半身を消してゆく。

文字装飾の方法


文字を整列させたい場合は、レイヤー側でshiftキーを押しながら揃えたいレイヤーを複数選択して、メニュー上の整列ボタンで並びを揃える。
文字が下の画像と重なって読みにくい状態の場合は、新しいレイヤーを作成して、グラデーションツールにて背面を暗くして文字を読みやすくする。
「FOREST」で使用したレイヤースタイル(fx)は、レイヤーのfxの場所を右クリックして「レイヤースタイルをコピー」をし、同じレイヤースタイルを適用したいレイヤーを右クリックして「レイヤースタイルをペースト」することで、同じ効果を「2」にも与え、そこから微調整してなじませる。

大きなサイズで作った画像をリサイズして出力する方法

今回は、A3のポスターサイズで作成してしまったので、そのまま出力するとサイズが大きすぎてWEBに使用するには適しません。
そこで、ウェブ用にリサイズする方法は、ファイル→書き出し→書き出し形式で「画像サイズ」の横幅を「1080」にすることでリサイズが上手くゆきました。

元ネタはこちら

step4-1〜10を参考に作りました。
https://helpx.adobe.com/jp/photoshop/how-to/beginners-tutorial-4.html

Photoshopでサムネイル画像を作る手順

Photoshopでブログ記事のサムネイル画像を自由に作れるようになりたく、独習を始めたので自分用にメモを残しておきます。

いい感じのサイズに画像をカットする方法

  1. 切り抜きツールを選択すると上のメニューで比率を選べるので、幅☓高さ☓解像度を選択する。
  2. 幅=1000 px 高さ=600 px 解像度=72 px/in に設定してカットする枠を写真の上に表示させる。
  3. 印刷物の場合は、解像度を350px/inに設定するのが標準的とのこと。

  4. カットする枠の縦横比がロックされているので拡大縮小、位置、回転を決めてカットを行う。

写真にフィルターをかけるときの手順

油絵風

  1. 加工をかける前に、レイヤーの写真(レイヤーの名前のあたり)を右クリックして「スマートオブジェクトに変換」を適用する。
  2. スマートオブジェクトにしておくと、写真自体に変化を加えないので簡単に元に戻すことが可能になります。

  3. メニュー上部のフィルターから好きなフィルターをかける。
  4. 今回は「表現手法」→「油彩」を選択しました。

写真に手振れ補正をかける手順

  1. 加工をかける前に、レイヤーの写真(レイヤーの名前のあたり)を右クリックして「スマートオブジェクトに変換」を適用する。
  2. メニュー上部のフィルターから「シャープ」→「ぶれの軽減」を選択する。

人物を切り抜く手順

人合成前

  1. 選択範囲→選択とマスクを適用する。
  2. 左メニューの「クイック選択ツール」で人の部分をなぞってゆく。
  3. 大体の選択が済んだら、「境界線調整ブラシツール」にて髪の毛などの細かい境界線を修正する。
  4. 背景まで選択してしまった場合は、optionボタンを押しながらドラッグすると修正が可能。
  5. 左上の属性→表示モード→表示の下三角のボタンを押すと表示モードを切り替えられるので選択範囲を確認しやすい。
  6. オーバーレイを使うと境界線が見易い模様。最終的には表示モードを白黒にして細部を加工する。※Fボタンで表示モードを切り替えることができるので便利。
    切り抜きオーバーレイ

  7. レイヤーにレイヤーマスクが作成されていることを確認する。

境界線の緑色がきになる場合は、「エッジをシフト」を使ってエッジを内側にシフトしてあげると髪の毛の境界線の緑色を軽減することができる。

要らない部分を自然に消す手順

街並み

  1. 左メニューのばんそうこうマーク「スポット修正ブラシツール」を選択
  2. スポット修復ブラシツール

  3. 上のメニューで直径などを調整して要らない部分をなぞる。
  4. 不要な部分が自然に消えているのを確認する。

  5. こんな感じで「中央前橋駅」の看板を消すことができました。

画像を重ねて自然な感じに調整する


二つの画像を重ねて、背景画像に少しぼかしを入れる。ぼかしはフィルター→ぼかし→ぼかし(ガウス)にて適用する。
緑の部分が少し残ってしまって汚い仕上がりに。。。練習を重ねて上手くなります。

画像をくり抜く方法

  1. 左メニューのカスタムシェイプツールを選択する。
  2. 長方形ツールの中にあるアメーバみたいな形をしたもの。

  3. 上のメニューのシェイプから好きな形を選択する。
  4. 歯車マークから全てを選んで追加するを選択すると全てのマスクが選択できるようになる。

  5. シェイプを画面に配置する。
  6. 開店などしたい場合は、上のメニューから編集→パスを自動変形を選択し、回転や拡大縮小を行う。

切手の形に綺麗に切り抜くことができました。

写真に影をつける方法

写真に影をつけるには、レイヤーのシェイプが選択されていることを確認した状態で、レイヤー画面下のfxボタンを押す。
そこでドロップシャドウを選択してOKを押せば完了。
ドロップシャドウ
ドロップシャドウを適用した写真がこちら

シェイプを斜めにして背景画像を追加する

シェイプをあえて斜めにずらし、その下に背景画像を追加する。
文字を入れて、文字に対してドロップシャドウを付ければ読みやすくなります。

これでひとまずサムネイル画像の完成です!

写真の色味を調整する

フィルターから、「camera Rawフィルター」を選択する。

サムネイル画像作成のまとめ

こちらの作り方は、Adobeの公式サイトを参考に作ってみました。
https://helpx.adobe.com/jp/photoshop/how-to/beginners-tutorial-2.html
とても分かりやすいので初心者がまず勉強するには最適のサイトだと思います。
私も初めて作ってみた割にはそれなりにできたかな?と思います。ではでは。